1.成績UP保障つき 定期テスト 学習トレーニング

       

入学時は同じ学力で、同じ授業・テキストなのに、定期テストではあっさり格差が生まれるのはなぜでしょう。それは学習量や質と、やる気が続かないことが一番の要因です。非常に単純なことではありますが、それをどうしてよいかわからない人が多いと思います。
そこで、TopEdu高校専門館では、上記2つを打破することで、皆さんの定期テストの点数を上げる講座を用意しました。
高校生の学習理解状況・忙しさ・扱っている教材…などは様々です。そんな皆さんが無理・無駄なく勉強習慣を身につけ、テストで高得点が取れる指導スタイルをご用意しました。
皆さんの生活スタイル・学力や目標に合わせ、また練馬区の地域密着の強みを活かして担当講師よりご提案差し上げます。

PlanA 90日間で、勉強習慣を身につける+テスト対策

通塾回数 英数 週2(一コマ:120分)
指導内容 英数のテスト対策+国理社の学習フォロー
目標 2回の定期考査をターゲットとして、「指導・学習計画・チェック」を行います。このプロセスを通じて、勉強習慣を身につけていきます。定期テストは「狭い範囲かつ扱った問題」から出されることがほとんどです。だから、きちんと勉強したかどうかが勝負の分かれ目です。
ですので、勉強するのが癖になる状態を生み出せば、それだけでかなり変わってきます。もちろん、すぐに習慣化はできないでしょう。90日間かけて、先生や塾を活用し自己改善していきましょう。すぐに挫折してしまう人向けです。

PlanB 60日間で、弱点補強+テスト対策

通塾回数 英数 週2(一コマ:120分)
指導内容 英数のテスト対策+国理社の学習フォロー
目標 次回の定期考査にむけて、60日間で「指導・学習計画・チェック」を行い、テスト対策を実施します。
60日後のテストというと”まだまだ先のこと”と思ってやらない人が多いですが、この時期からやれば、直前にバタバタしないで済むことはお判りでしょう。何より、確実に点数は伸びます。
また、60日間あれば、弱点補強をしながら勉強を進めることができるので安心です。(例:三角関数を学ぶ前に、三角比をおさらいしておく)

PlanC 30日間 テスト対策

通塾回数 英数 週2(一コマ:120分)
指導内容 英数のテスト対策+国理社の学習フォロー
目標 次回の定期考査にむけて、30日間で「指導・学習計画・チェック」を行い、テスト対策を実施します。
比較的、時間が取れない人向けのコースです。テスト勉強できちんと効果を出すためには、30日間は必要ではないかと考えます。理由として、復習効果が高まる「先取り学習」や、「テキストを3周」をやるためには、最低でも、そのくらいの時間が必要だからです。どうしても時間が取れない人も、なるべくこのプランを受講しましょう。

成績保証制度の条件とその理由

上記、3コースともに「成績保証制度」を設けております。英数の得点を+20点取れなかった場合は、次のテスト対策を無料で受講可能です。
しかし、以下の条件を満たしていない場合は、その限りではありません。

条件
・週2回の授業を無遅刻無欠席であること
・指定の自習に参加すること
・忘れ物をしない(教材)
・月の学習時間は100時間

【その理由】
単純にやらない人は伸びません。いくらいい指導であってもです。ただ、一人でどうやっていいかわからない・さぼってしまうから、勉強をやらない人がほとんどです。私たちは、そんな皆さんの悩みを解消し、ともに勉強をやり切り、どんどん成績を伸ばしていきたいと考えております。

TopEdu高校専門館 無料オプション

TopEdu高校専門館 勉強部

通塾日に加え、自習の時間を設定します。これを約束事として先生と生徒で共有します。なぜ、このようなことをするのか―昨今、どこの塾・予備校も自習室は完備していますが、利用するのは生徒の自由です。となれば、勉強習慣のついていない状態であれば、思わずさぼってしまう場合もあるでしょう。そこで、先生に自習室の利用時間・勉強内容を宣言し、チェックしてもらうTopEdu高校専門館 勉強部をご用意しました。初めは一人で勉強するのはつらいもの。先生と仲間とともに勉強習慣をつけていこう!

       

TopEdu高校専門館の数学

”やる気はある。しかし、問題集を解きすすめられない”には理由がある
自力で問題が解けるように、プロ講師が個別サポート

 

ポイント

”効率の良い勉強をしましょう”とよく言われるが、どうすればよいのか気づいていない人が多い。この場合、勉強量を確保しても、あまり点数には結びつかない可能性があるし、なにより、やる気が失せてしまうだろう。
では、うまくいっていない人はどんな人か―いろいろ考えられるが、参考書を作業のように最初から解いて覚える人は、同じ問題が出ているのにシャッフルされると解けない。また、時間内に解くというだけで、とたんにできなくなる。初見の問題の際、身につけた解法をあれこれ試さない。記憶しているものしか反応できない…など症状は様々である。
これを放置したまま自力で勉強しても”労多くして功少なし”となりかねない。そこで、数学が苦手な生徒は、塾の先生が見守る中、無理無駄なく勉強するほうが絶対に楽である。

次週の学校の講義(数学週4として、月水木金分を、前週の塾の授業(火曜日)に先取り学習→塾で1回目→学校の授業で2回目→直前3回目の流れを作り出す。

       

TopEdu高校専門館の英語

教科書の英文からそのまま出題されているのに、解けない!
重要英文や語句を要チェック!「理解して、丸暗記」が一番スマートな勉強

 

ポイント

英語の定期テスト対策は、当然ですが、暗記が基本です。
しかし、わかっていても、なかなかできない場合もあります。その主な理由として、基本語彙や文法力が不足していることがほとんどです。現代人が象形文字を読む感じです。規則性が見いだせず、よくわからない記号の羅列を覚えるのは、かなり困難なはずですし、すぐに忘れてしまうでしょう。英語が苦手な生徒は、それと同じ現象が起こっているのです。
そこで、TopEdu高校専門館では、事前に「英語力チェックテスト」を行い、生徒の英語力を確認します。語彙・文法・読解の3つの観点から、その生徒の英語力をcheckし、それを踏まえた定期テスト対策を行います。これにより、むやみに暗記させることなく適切な指導を実現。効率の良く勉強させ、点数UPを目指します。

ジャンル 内容 タイプ
長文読解系 教科書 先取りコース 平均点+αで伸び悩んでいる生徒対象。ある程度、知識がある人向けです
復習コース なかなか平均点が取れない人対象です。知識を補いつつ、英文を暗記します。
応用 授業内演習 テスト範囲外の英文が出される学校のためのコースです。上級者対象
英文法系 教科書 先取りコース 自分で解説を読んで、ある程度問題が解ける人向け
復習コース 英文法が苦手な生徒向け

長文読解

授業中に、語彙・文法を確認しながら教科書英文を和訳していきます。この時、テストで出される英文・語句を中心に、徹底解説・理解をしてもらいます。だらだら和訳させません。そして、トータル3回和訳します。語学は、何度も触れて吸収するのが一番効果的です。そのために、同じ英文に触れていくことは非常に肝要ですし、効率の良いと言えます。なお、数学と異なり、生徒の学力に応じて、先取り・復習の2タイプご用意しております。

英文法

学校の教材をメインとして、解説・演習授業を行ないます。英文法も反復演習を目的としますが、生徒の学力状況に応じて、教材・指導内容を変えていきます。中学文法を割くにやったほうがいい場合は、立ち戻って指導したり、基本がわかっている生徒は演習をメインとして、発展的な内容まで踏み込んでいきます。

       

ご入塾までの流れ

 

1.お問い合わせ

お問い合わせフォームもしくはお電話(0120-633-287)にお問い合わせください。塾のご説明や個別相談の日時を決めさせていただきます。

2.個別相談

現在の学習方法・状況を確認します。個別の状況を伺い、成績アップ・志望大学合格に向けたご提案をさせていただきます。まずは、30日間無料体験授業の計画を立てていきます。

3.無料体験授業

30日間の無料体験授業を行ないます。ここでは、自分に合っているかどうか、この塾で成績が上がるかどうかを確認していただきたいと思います。

4.入塾手続き

入塾書類をご記入の上、教室責任者にご提出ください。その際、個別面面談にて、翌月からの本格的学習の計画・日程を決めていきます。あとは自分の成績をどんどん上げていくだけです。頑張っていきましょう。

カリキュラム・料金について
資料請求
お問い合わせ